pet検査は定期的に受診しよう


pet検査は定期的に受診しよう

pet検査はがんを発見する検査の1つです。がんはある程度の大きさになったり、体に何らかの異変が起きてから見つかることが多いので、がん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見がしにくい病気です。しかしpet検査では検査薬を人体に投与して、全身の細胞のうち、がん細胞にだけはっきりとした目印を付けることができるので小さながんを発見することができるのです。1度の検査でほとんど全身を調べることができ、予想外のがんの発見をすることができます。がんの可能性が疑われながらも他の検査で病巣が発見できない原発不明のがんの診断や、がんの早期発見、進行具合、転移や再発などを調べるのに適している検査です。pet検査は検査用の服を着て、検査薬の投薬に注射を打ちますが後は横になっているだけで良い検査で、痛みや体への負担が少ないものです。時間も準備から最後まで2時間ほどです。定期的に受診するようにすることで、見つけにくかったがんを早期に発見し治療や発症を予防することができます。

最新pet検査情報まとめ

吐き気がする、下痢や便秘が続くなどの理由で病院に行ったら、がん宣告されたうえ、手術も出来ないほど末期だとわかることがあります。
そうなると、どうしてももっと早く病院に行かなかったんだろうと後悔するでしょうが、がんは初期の段階では自覚症状がないので、pet検査でも受けていない限りは、なかなか自分で気づくことは難しいでしょう。
ゆえにたとえ今は健康で、どこにも異常がないと思っている方でも、念のために調べておくようにしましょう。
最近は最新pet検査情報まとめを紹介しているサイトがいくつもあるので、どこの医療機関に行けばいいのかわからないときは、そこから情報を得ると良いでしょう。
胃がんや肺がん、大腸がんなどの兆候があれば、まだ初期の状態でもすぐにわかるので、それからすぐに治療を受ければ、大抵の方は完治することが出来ます。
女性の場合は近年、子宮がんや乳がんになる方が増えていますから、定期的にpet検査を受けて、自分の健康状態を知っておくことをおすすめします。